筆者厳選「笑ゥせぇるすまん」恋愛に纏わる恐怖の3話

日本のバブル景気、真っ只中にアニメ化され人気を博した。
藤子不二雄A作「笑ゥせぇるすまん」という短編漫画がある。

世のサラリーマンが、あたふたと転落の一途を辿る。
というのが大体の筋なのだが、笑うセールスマン喪黒福造のお客様は、
なにも男性だけではない

喪黒福造 怖さ

世の女性に対しても福造の魔の手はやってくる。
ナレーションで喪黒福造が「老いも若きも男も女も・・・」
と語るようにお客様は多岐に渡る。

早速、筆者が興味深かった3話をご紹介しよう。

笑ゥせぇるすまん喪黒の容赦ない手口

「妻になりたい女」妻成耐子(ツマナリタイコ)25歳のOLは、
結婚願望が人一倍強いモテる女である。

喪黒福造 客1

だが理想が高いのか、その辺の男が求婚しても首を縦にふらない女でもある。
女の口癖は「3K」

当時の流行語で「高学歴、高収入、高身長」の略である。
喪黒は南のリゾート地でのお見合いパーティーを薦める。

いわゆる、ねるとんパーティーというやつである。
アニメでは「マリンdeデート」となっている。

ここで、喪黒福造の出番である。

男性サイドには、下剤

女性サイドは、その水着が脱げるようにカッターで切り込みをいれる。
容赦無しの喪黒のおじさまの手口を垣間見る事が出来るシーンだ。

タカオと二人だけになった耐子は、まんまとタカオを射止める。
憧れの「3K」男性をモノにした耐子は、
意気揚々と喪黒のもとを訪れる。

しかし福造の手元には、ポータブル・ビデオ・プレーヤー
そこにはなんとタカオと耐子の愛の営みが、
あられもなく映っていた。

タカオは裏ビデオのプロデューサー兼、男優だったのである。

昨今でも某TV局アナウンサー流出などのスキャンダルが起きる中、
時代を先取りしたブラックな風刺の効いた作品

笑ゥせぇるすまん独特のサイコホラー要素満載の回

次に恋愛の悲哀を描いた作品を紹介しよう。

「待つ女」31歳スナック経営の四井待子(ヨイマツコ)は、
待てど暮せど来ない不倫の相手に恋焦がれていた

喪黒福造 客2

OL時代に不倫がバレた待子は、ひとりでスナックを営んでいた。

そこへ訪れた喪黒福造は、田舎の療護施設へ転職することを薦める
心機一転、仕事に生き甲斐を感じてきた待子は精神も平穏な毎日を送る。

しかし、

「特定の患者と深い関係になっては、いけません」

という喪黒の忠告を待子は破ってしまう。

なんとOL時代の不倫相手「ハンダ」がリハビリに訪れたのだ
そして離婚をするから ヨリを戻してくれとせがまれる。
ひとときの愛の時間が、流れていく。

ここで挿入歌:梅沢富美男の「ココロの歌」が流れる。

いや待て、このままで終わるわけがない

案の定、喪黒の忠告を破った待子は解雇される。

しかし約束を果たす為「ハンダ」は、待子に手紙を書いていた
そして駅前の花時計の前での再会をとりつける。

待っても、待っても、来ない待子に諦めてしまうハンダ。

だがそうでは、ない。

「待子」は、そこに居たのだ!

喪黒の言いつけを破った罰により、
その面影さえも失うほど、まるで、何十年とそこで待ち続けているかのような、
老婆になり果てベンチに佇んでいたのだ

喪黒福造 客3

正真正銘の「待つ女」になってしまったのである。
この回はギャグ色が、一切なく一編のサイコホラー的な話だった。

喪黒福造の恋愛観が垣間見える回

ラストにもう一つ、「プラットホームの女」これも結末は恐ろしい。
お客様は「直木純一」銀行員。

喪黒福造 客4

彼は毎日通勤電車で一緒になる、とある女性に恋心を抱いている
結婚したい理想の女性だとさえ思っている

彼女は、マスクすらしているが、美しい眼をした凛々しい女性だ。

喪黒福造 出会い

喪黒が素性を探しあて「直接会って話をしなさい」と、
仲をとりもってやる。

「カゲノエイコ」独身21歳、経理課勤務。
ただ、彼女は不幸な境遇であるという事だけ告げ喪黒は去っていく

雨の夜、直木のアパートへ彼女がやってくる。

そしてマスクをはずし、裸になったエイコは、

体になんの欠陥もないことを直木に確認させ、

「これでも私が好きですか?」とせまる。

喪黒福造 美女

しかし、彼女のその美しい顔は、
整形手術によるもので、実は、

手術に失敗し皮膚のない顔であることを直木は、知ってしまう

畏怖の念を覚えた直木の恐怖におののく叫びが、あたりに響く。

喪黒福造 恐怖

最後に喪黒が「あの程度の欠点なら深い愛情で十分に補えるでしょう」と結ぶ

世の中の恋愛かくありきである。

以上3話を紹介してみたが、如何だったでしょうか。
皆さんは喪黒福造の恋愛指南うけてみますか・・?


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする